地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「美瑛町の美しい景観を守り育てるセミナー」アクションプラン実現にむけた現地調査に技術協力しました。(2018.7.24)

(2018年08月07日)

 7月24日(火)、美瑛町主催で標記現地調査が実施され、松田総括主任研究員と岩田研究員がアドバイザーとして参加しました。
 この現地調査は、H30年6月に開催された第4回セミナーにおいて提案された屋外広告物や看板類の撤去・改善の基礎調査として実施され、美瑛町景観審議会の方々やまちづくり関係者、役場職員など7名が参加しました。
 現地調査では、町内の観光地やアクセスルートなどに設置されている広告・標識類や道路付属施設を確認し、不要なものの撤去方法や改善方策について議論しました。
 次回のセミナーにおいて本調査結果を発表し今後のアクションプランについて議論する予定です。



道路付属施設の活用と改善方法について議論
▲道路付属施設の活用と改善方法について議論
広告・標識類の改善方法について議論
▲広告・標識類の改善方法について議論

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved