地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「東南アジア電線地中化に関する調査」を実施しました。(2018.917-22)

(2018年10月03日)

 9/17(月)~9/22(土)の期間に一般財団法人日本みち研究所の石田東生理事長(筑波大学名誉教授)を団長とした調査団により、シンガポール、バンコク(タイ)、ハノイ(ベトナム)の東南アジア三ヶ国において電線地中化の現地調査及び関係機関ヒアリングが実施され、当ユニットから髙橋主任研究員が参加しました。
 調査団には国土交通省の諮問機関「無電柱化推進のあり方検討委員会」の委員長をはじめ、電力事業者、通信事業者、NPO等も参加し、各国の行政機関、電力事業者、通信事業者から無電柱化の現状や取り組み内容等の情報収集や意見交換、電線類地中化工事等の現地調査を行いました。





ヒアリングの状況
▲ヒアリングの状況
無電柱化地区の現地調査の状況
▲無電柱化地区の現地調査の状況
無電柱化地区の現地調査の状況
▲無電柱化地区の現地調査の状況
Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved