地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「第47回土木計画学研究発表会」にて発表しました。(2013.6.1-2)

(2013年06月07日)

 平成25年6月1日(土)~2日(日)広島工業大学(広島市)において、「第47回土木計画学研究発表会」が開催されました。
 地域景観ユニットからは、これまでの研究成果について以下の論文発表を行うと共に、活発な意見交換を行いました。

※「第47回土木計画学研究発表会」の詳細についてはこちら
 → http://www.jsce.or.jp/committee/ip/conference/ip47/index.shtm

【発表論文一覧】
 6月1日(土)
 ■ セッション:人口減少時代のインフラの時空間管理
  ・道路利用者の評価構造と空間要素の関係 (兵庫研究員)
 ■ セッション:地域のまちづくりビジョンと景観形成を考える
  ・社会資本整備の景観配慮に関する技術情報の充実に係る課題の抽出と整理 (笠間研究員)

 6月2日(日)
 ■ セッション:土木計画学と観光科学
  ・観光地等における道路案内標識の課題と北海道の取り組み事例から見た改善手法に関する一考察 (高田研究員)
  ・利用者評価からみた道の駅の休憩機能の重要性 (松田総括主任研究員)


会場の様子(第4会場)
▲会場の様子(第4会場)
兵庫研究員の発表の様子
▲兵庫研究員の発表の様子
  笠間研究員の発表の様子
▲笠間研究員の発表の様子
高田研究員の質疑応答の様子
▲高田研究員の質疑応答の様子
  松田総括主任研究員の質疑応答の様子
▲松田総括主任研究員の質疑応答の様子
Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved