地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「北海道開発局景観研修」で講師を務めました。(2014.11.19・11.22)

(2014年12月25日)

 11月19日、22日、北海道開発局開発環境課主催の標記研修が第1合同庁舎にて開催され、松田総括主任研究員と笠間研究員が講義を行いました。 本研修には、北海道開発局の道路・河川・農業・港湾担当の技術職員の他、開発環境課の職員が研修に参加しました。

■日時:11月19日(水)13:00-
     11月21日(金)13:00-

■場所:札幌第一合同庁舎 地下1階北側会議室

■プログラム
1.開催挨拶 北海道開発局開発監理部 開発環境課長 平野 令緒
2.講義
 ①「景観配慮への取組みについて(経緯・背景)」
   北海道開発局開発監理部 開発環境課長補佐 菊田 悦二
 ②「景観法成立以降の景観行政の歩み」
   北海道開発局事業振興部 都市住宅課都市事業管理官 赤川 裕志
 ③「公共事業における良好な景観形成に向けて ~教養編:土木景観の理解と見方~」
   寒地土木研究所 地域景観ユニット 総括主任研究員 松田 泰明
 ④「公共事業における良好な景観形成に向けて ~実践編:計画・設計における景観配慮の基本的な考え方~」
   寒地土木研究所 地域景観ユニット 研究員 笠間 聡
3.質疑応答


松田総括主任研究員による講義の様子
▲松田総括主任研究員による講義の様子
  笠間研究員による講義の様子
▲笠間研究員による講義の様子

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved