地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「平成28年度土木学会全国大会 第71回年次学術講演会」にて発表しました。(2016.9.7-9)

(2016年09月12日)

 9月7日(水)~9日(金)、東北大学川内キャンパス(宮城県仙台市)において標記の研究発表会が開催されました。地域景観ユニットからは、これまでの研究成果について以下の論文発表を行うと共に、本発表会に参加された他の研究者と活発な意見交換を行いました。
 また、9月7日(水)のセッション「空間認識」では、松田総括主任研究員が座長を務め、討議の司会および総括を行いました。

■9月7日 セッション:景観形成・設計
「道路施設の色彩に関する現状と課題について」(吉田研究員)
「電線電柱類の景観対策手法と景観向上効果について-農村自然域を対象として-」(岩田研究員)

■9月7日 セッション:防災・災害(4)
「暴風雪災害における避難施設としての道の駅と災害時のニーズについて」(松田総括主任研究員)

「第71回年次学術講演会」の詳細についてはこちらをご覧下さい↓
http://www.jsce.or.jp/taikai2016/


セッション「防災・災害(4)」で発表する松田総括主任研究員
▲セッション「防災・災害(4)」で発表する松田総括主任研究員
  セッション「景観形成・設計」で発表する吉田研究員
▲セッション「景観形成・設計」で発表する吉田研究員
Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved