地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

幌延町主催の「まちづくり講演会」で講師を務めました。(2016.10.4)

(2016年10月07日)

 10月4日(火)に標記講演会が開催され、松田総括主任研究員が以下の基調講演を行いました。
 本講演会には、役場職員や地域振興計画策定委員をはじめ、地域住民、稚内開発建設部、宗谷振興局、金融機関の方々など約70名が参加しました。講演終了後の意見交換では、開通するバイパスと地域資源を生かした「道の駅」の可能性や市街地の賑わい創出について、参加者と意見を交わしました。
 幌延町では、高規格道路の延伸に伴い、幌延町市街地の近くにインターチェンジが設置される予定となっており、これら幹線道路やサロベツ国立公園、風力発電施設の景観などを生かしたまちづくりや地域の拠点づくりに向け、「幌延町地域振興(観光)計画」を策定中です。本講演会で議論した内容は、本計画や今後のまちづくりに生かすことが検討されています。

【開催概要】
日時:10月4日(火)18:00-20:45 
場所:幌延深地層研究センター国際交流施設
主催:幌延町

【プログラム】
話題提供 :「幌延町地域振興(観光)計画について」
        幌延町役場
基調講演①:「地域景観の生かし方と地域拠点による地域・観光振興の可能性」
        (国研)土木研究所寒地土木研究所 地域景観ユニット 総括主任研究員 松田 泰明
基調講演②:「住民とまちに活気を」
        株式会社オフィスいわい 代表取締役 岩井 護 氏

※当日のプログラム等についてはパンフレットをご覧下さい→ http://scenic.ceri.go.jp/pdf_pamphlet/2016/161004horonobe.pdf


講演会会場の様子
▲講演会会場の様子
  講演を行う松田総括主任研究員
▲講演を行う松田総括主任研究員
講演後の意見交換
▲講演後の意見交換
  会場の様子
▲会場の様子
質疑に答える松田総括主任研究員
▲質疑に答える松田総括主任研究員
 

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved