地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

平成28年度 国土交通省「国土技術研究会」で発表しました。(2016.11.1-2)

(2016年11月09日)

 11月1日(月)-2日(火)に国土交通省が主催する表記発表会が中央合同庁舎2号館で開催され、地域景観ユニットからは岩田研究員が以下の発表を行いました。

【自由課題発表イノベーション部門Ⅰ】
「現場で採用できる景観評価技術の提案について-評価サンプルの作成方法が評価結果に及ぼす影響-」岩田研究員 
 ※共著:小栗ひとみ主任研究員(現:国総研道路環境研究室) 松田泰明総括主任研究員

 本研究会では北海道開発局や寒地土木研究所のほか、各地方整備局や、地方公共団体、民間企業等の方々が参加し、技術開発の成果について約70編の研究発表が行われたほか、建築家の妹島和世氏による特別講演なども行われました。

 なお、寒地土木研究所からは6名が発表し、そのうち寒地道路保全チームの丸山総括主任研究員と寒地交通チームの藤本研究員が、各セッションの優秀賞を受賞しました。

■当日のプログラム等については国土交通省HPをご覧下さい。
http://www.mlit.go.jp/chosahokoku/giken/

会場受付の様子
▲会場受付の様子
  発表会場の様子(写真は寒地交通チーム藤本研究員の講演)
▲発表会場の様子(写真は寒地交通チーム藤本研究員の講演)
Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved