地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「無電柱化を推進する市区町村長の会 北海道ブロック第1回勉強会」で講師を務めました。(2017.10.5)

(2017年10月10日)

 10月5日(木)、登別市民会館にて標記勉強会が開催され、高橋主任研究員が講師を務めました。
 本勉強会は、「無電柱化を推進する市区町村の会 北海道ブロック」の会員である登別市が主催し、北海道開発局、北海道庁、同会に所属する市町村、NPO法人電線のない街づくり支援ネットワークなどの関係者約50名が参加しました。

【プログラム】
主催者挨拶 登別市長 小笠原 春一 氏

来賓挨拶  北海道開発局 建設部 道路維持課長 坂場 武彦 氏

国からの情報提供
 ①「無電柱化の推進に向けた取り組み状況について」
   北海道開発局 建設部 道路維持課 課長補佐  神田 太朗 氏
 ②「北海道からみた無電柱化の重要性と技術開発」
   寒地土木研究所 地域景観ユニット 主任研究員  高橋 哲生

事例紹介
 ①「電線共同溝整備事業 整備事例 ~苫小牧道路事務所における事例紹介~」
   北海道開発局 室蘭開発建設部 道路計画課 道路計画専門官 瀧谷 明人 氏
 ②「近隣自治体における無電柱化の事例について」
   登別市都市整備部都市政策グループ 総括主幹 南 三明 氏
   
話題提供
  「全国的な動きと北海道らしさの取り組みについて」
   NPO法人 電線のない街づくり支援ネットワーク 顧問 安江 哲 氏


小笠原登別市長の挨拶
▲小笠原登別市長の挨拶
  高橋主任研究員の発表の様子
▲高橋主任研究員の発表の様子
現地視察/登別市内の裏側配線による無電柱化事例
▲現地視察/登別市内の裏側配線による無電柱化事例
  現地視察/室蘭市内の電線共同溝事業による無電柱化事例
▲現地視察/室蘭市内の電線共同溝事業による無電柱化事例


Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved