地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「北海道らしい無電柱化を考えるシンポジウム」が開催されました。(2017.10.19)

(2017年10月25日)

 10月19日(木)に、かでる2.7で標記シンポジウムが開催され、400名を超える参加者で賑わいました。
 本シンポジウムは、NPO法人電線のない街づくり支援ネットワークが、「無電柱化の推進に関する法律」成立を記念して開催され、東京、大阪、沖縄に引き続いて札幌で開催されたものです。
 シンポジウムでは、北海道らしい無電柱化の進め方を考えるというテーマのもと、基調講演やパネルディスカッションが行われました。議論では、地域の声を反映したまちづくりとして無電柱化を進めていく必要性や、電力や通信の使い手となる私たち自身がより柔軟に無電柱化事業を受け入れるための考え方が示されました。
 なお、寒地土木研究所からは、山下特別研究監による話題提供やパネル展示を行い、参加者と活発に意見を交換しました。

■概要
無電柱化の推進に関する法律 成立記念シンポジウム
『北海道らしい無電柱化を考える-風土と景観を活かしたまちづくりのために-』

日時|2017年10月19日(木)14:00ー17:30
場所|かでる2.7 かでるホール(札幌市中央区北2条西7丁目)
主催|NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク (後援:土木学会北海道支部ほか 協力:寒地土木研究所)

プログラム|
 主催者挨拶/NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク 理事 伊津 元博 氏
 来賓挨拶/北海道開発局長 和泉 晶裕 氏 / 登別市長 小笠原 春一 氏
 話題提供「無電柱化の現状とこれから」 / 北海道開発局道路維持課 課長補佐 神田 太郎 氏
 基調講演「社会システムのイノベーションをもたらす道路政策(仮)」/(一財)日本みち研究所理事長 石田 東生 氏
 企業展示(休憩)
 話題提供「北海道からみた無電柱化に必要な技術開発」/寒地土木研究所 山下 彰司 特別研究監
 パネルディスカッション「北海道らしい無電柱化を考える」
     パネリスト   :石田 東生 氏/前出
              :浜田 哲 氏/美瑛町長
              :室谷 元男 氏/江差町歴まち商店街協同組合監事
              :奥村 敦史 氏/北海道電力㈱流通本部配電部長
   コーディネーター:佐々木 葉 氏/早稲田大学創造理工学部 教授 

■シンポジウムの詳細については、主催者ホームページをご覧下さい。
https://nponpc.net/info/hokkaidousinpo/

■リーフレットはこちら
http://scenic.ceri.go.jp/pdf_pamphlet/2017/171019_mudenchu.pdf
パンフレット



会場となった「かでる2.7」
▲会場となった「かでる2.7」
  会場受付の様子
▲会場受付の様子
主催のNPO法人伊津理事による開会挨拶
▲主催のNPO法人伊津理事による開会挨拶
  来賓挨拶(北海道開発局長 和泉 晶裕 氏)
▲来賓挨拶(北海道開発局長 和泉 晶裕 氏)
来賓挨拶(登別町長 小笠原 春一 氏)
▲来賓挨拶(登別町長 小笠原 春一 氏)
  神田 太郎 氏による話題提供の様子
▲神田 太郎 氏による話題提供の様子
石田 東生 氏による基調講演の様子
▲石田 東生 氏による基調講演の様子
  山下 特別研究監による話題提供
▲山下 特別研究監による話題提供
パネルディスカッションの様子
▲パネルディスカッションの様子
  NPO法人井上事務局長の閉会挨拶
▲NPO法人井上事務局長の閉会挨拶
会場の様子
▲会場の様子
  寒地土木研究所のパネル展示
▲寒地土木研究所のパネル展示

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved