地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

寒地土木研究所 河川景観セミナーを開催しました。(2017.10.12)

(2017年10月25日)

 10月12日(木)、地域景観ユニットと水環境保全チームの共催による標記セミナーを寒地土木研究所講堂にて開催しました。
 本セミナーは、地域づくりにつながる水辺空間デザインをテーマに開催されました。はじめに熊本大学の星野裕司准教授からは、熊本市内を流れる白川の「緑の区間」や激特事業、薩摩川内市の「曽木の滝分水路」について講演いただきました。次に、旭川市地域振興部の沖本次長から、旭川市における北彩都あさひかわ事業の事例を紹介いただくと共に、岩田研究員と布川研究員も話題提供を行いました。
 セミナーには、開発局や自治体の関係者など約50名が参加し、地域住民とともに整備を進める方法や景観整備とコストの考え方などについて議論しました。

日時・会場:
 平成29年10月12日(木) 15:00~17:30
 寒地土木研究所講堂

プログラム:
  1. 講演
     熊本大学准教授 星野裕司 氏 / 「水辺空間デザインを考慮した川づくりについて」
  2. 話題提供
     旭川市地域振興部 次長 沖本亨 氏 / 「川からのまちづくり~北彩都あさひかわ整備事業」
     地域景観ユニット  岩田圭佑 研究員 / 「河川景観の予測評価手法について」
     水環境保全チーム 布川雅典 研究員 / 「底生動物群落からみた河畔景観の違い」
  3. ディスカッション
     コーディネーター: 寒地土木研究所 山下特別研究監
     講師: 星野裕司氏、沖本亨氏
     寒地土研: 岩田研究員、布川研究員


星野准教授の講演風景
▲星野准教授の講演風景
  講演を行う星野准教授
▲講演を行う星野准教授
話題提供を行う沖本氏
▲話題提供を行う沖本氏
  岩田研究員の話題提供
▲岩田研究員の話題提供
布川研究員の話題提供
▲布川研究員の話題提供
  ディスカッションの様子
▲ディスカッションの様子
星野准教授と話題提供者によるディスカッション
▲星野准教授と話題提供者によるディスカッション
  コーディネーターを務めた山下特別研究監
▲コーディネーターを務めた山下特別研究監

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved