地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「浦臼町産業観光グランドデザインフォーラム」にて講師を務めました。(2018.10.26)

(2018年10月29日)

 10月26日(木)、浦臼町役場にて同町主催の標記フォーラムが開催され、松田総括主任研究員が基調講演を行いました。

 本フォーラムは、浦臼町の農業など地域の魅力を生かした産業観光の振興と、その拠点としての「道の駅」の活用について議論するために開催されました。フォーラムには川畑副町長をはじめ役場職員やグランドデザイン検討会関係者、道の駅関係者の他、農業者や一般町民など約30名が参加し、熱心な意見交換が行われました。

日時:10月25日(木) 18:30-20:45
場所:浦臼町役場
プログラム:開会の挨拶/川畑智昭 浦臼町副町長
基調講演①/帝京大学 経済学部観光経営学科 大下 茂 教授
           「農業を活かした観光まちづくりと拠点のあり方」
基調講演②/寒地土木研究所 地域景観ユニット 松田 泰明 総括主任研究員
           「これからの浦臼町の”道の駅”を考える」
質疑応答



道の駅つるぬまでの現地指導
▲道の駅つるぬまでの現地指導
道の駅に隣接する鶴沼公園の現地指導
▲道の駅に隣接する鶴沼公園の現地指導
フォーラム会場 
▲フォーラム会場
松田総括主任研究員の講演の様子
▲松田総括主任研究員の講演の様子

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved