地域景観ユニットWebsite

Top > Information・お知らせ(一覧) > 記事

「土研新技術ショーケース2017 in 仙台」でパネル展示とプレゼンテーションを行いました。(2017.10.12)

(2017年10月17日)

 10月12日(木)、仙台にて、土木研究所主催による「土研新技術ショーケース2017 in 仙台」が開催され、地域景観ユニットの高橋主任研究員が「積雪寒冷地の道路緑化指針」と題してパネル展示と発表を行いました。
 本発表では、平成28年に改訂した北海道の道路緑化指針(案)の理念と技術を紹介しました。会場には行政や民間企業など約200名が参加し、展示・技術相談コーナーでは活発な意見交換を行いました。

■北海道の道路緑化指針(案)改訂版 / 平成28年4月 発刊
 →http://scenic.ceri.go.jp/manual.htm ※ご自由にダウンロードいただけます。

 北海道の道路緑化に関する基本的な考え方は、これまで『北海道の道路緑化指針(案)(昭和62年発行)』に示されていましたが、発刊からすでに20年以上が経過 していました。
 そこで、環境や景観に対する価値観の変化に対応するよう旧指針を見直すとともに、新たな知見に基づく技術的な整備・管理の変革も踏まえ、設計・施工・管理のあり方を『北海道の道路緑化指針(案)【平成28年版】』としてとりまとめました。
 策定にあたっては、北海道開発局・北海道・札幌市・東日本高速道路株式会社の道路管理者および有識者に参加頂いて検討会を行いました。当指針(案)が、北海道の道路緑化の設計、施工に活用され、道路空間の質的向上が図られるとともに、道路緑化樹の維持管理の効率化に貢献することを期待します。

■「土研新技術ショーケース2017 in 仙台」の詳細についてはこちらをご覧下さい
 →http://www.ceri.go.jp/contents/showcase/2017sendai.html

会場風景
▲会場風景
  高橋主任研究員の発表の様子
▲高橋主任研究員の発表の様子


Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved