地域景観ユニットWebsite

Top > 研究テーマ > 沿道の休憩施設や駐停車空間の魅力向上に関する研究

基盤研究

沿道の休憩施設や駐停車空間の魅力向上に関する研究

観光が重要産業である北海道では、来道者のレンタカー観光が年々増加しています。特に来道外国人のドライブ観光は急増し、国際的にも競争力がある分野です。このうち移動距離の長い北海道では、道の駅は重要な沿道休憩施設としてニーズが高く、これまでの研究からもドライブ観光の満足度にも大きく影響することが分かっています。しかし、現状では、物販や飲食の提供に力を入れるあまり、休憩ニーズへの対応が十分でない状況にあります。

このような背景から本研究では、道の駅の利用実態調査やヒアリング調査などを行い、休憩施設としての具体的な魅力向上方策を提案していくとともに、沿道の魅力的な駐車施設の整備手法の提案を行います。

 

研究紹介パンフレット

 沿道の休憩施設や駐停車空間の魅力向上に関する研究(その1)

 沿道の休憩施設や駐停車空間の魅力向上に関する研究(その2)

 

「道の駅」の評価や経営に大きく貢献する、快適な休憩空間

 

 

Copyright 2015 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所 All Rights Reserved